バッチファイルからSFTPを自動で実行する

2016/08/11

WinSCPを利用して、WindowsのバッチファイルでSFTPを自動化する。

手順
1.WinSCPで接続設定する。
WinSCPを立ち上げ、プロトコルにSFTP、SSHのAuthenticationでPageant認証を試みるを選択する。
※Pageant認証:パスワード入力を自動化してくれる

2.WinSCPのコマンドモードプログラムWinSCP.comを実行する。

※パスワードが設定されていなければ、ここでパスワードを聞かれる。

3.2の処理を自動化するため、WinSCP.comをバッチファイルから実行する。

call WinSCP.com:バッチファイルから呼ぶため、呼び出し元に戻ってくるようにcallをつけて実行する。
接続した後の処理は別のファイルに記載する。(今回はwinscp_auto.txt)

winscp_auto.txt

※WinSCPで実行できるコマンドは、「help」、「help command名」で参照できる。
よく使うコマンド

 

 

put(send) 送信
get 受信
call リモート側のシェルコマンドの実行
option オプションの設定
option confirm off(確認メッセージOFF)など

WinSCPを利用したサンプルプログラム

Windows端末とLinuxサーバのファイルの送受信の関連投稿

Tera Termマクロによるファイルの送信と受信

-Windows