pg_restoreの高速化

削除(-c)、再作成(-C)、並列8(-j 8 ※コア数と同じにするべき。)、カスタムアーカイブ(-F c)で動くようにしている。

コマンド以外の注意点として、
1.速度向上のためpg_restore前にpostgresql.confのfsyncをoffにすること。
2.pg_restore後はpostgresql.confのfsyncを元の設定に戻して、再起動すること。

※pg_dumpとpg_dumpallはファイルシステムレベルのバックアップ(pg_basebackup)を生成しませんので、継続的アーカイブ方式の一部として使うことはできません。 そのダンプは論理的なものであり、WALのやり直しで使うのに十分な情報を含んでいません。

-PostgreSQL