findの結果をls -lのように詳細表示にする

2016/06/25

ls -l を実行すると、パーミッションやmtimeなど詳細な情報が出力されるのに対して、find を実行してもオプションなしでは相対パス名しか表示されない。

find でも ls -l と同じように詳細な情報を出力するには、「-ls」オプションをつける。-ls オプションは ls -dils と同じ効果を find の出力結果に適用してくれる。

※ ls -dilsの各オプション説明

findの表示系関連ページ

findの結果でファイル名だけを取得する方法

-Linux
-